About   ミサイルinfo   ディスコグラフィ   Photo   ミサイルブログ!   BBS   Link   ミサイルmail   Top
*コラム*  『内山健二郎の今日の一曲~食べるように聴いている~』      『走るクリス日記』
ミサイル兄弟

      内山健二郎の今日の一曲 ~食べるように聴いている~

             写真をクリックすると、紹介のアルバムがネットで購入できます。

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月28日(水) 「やせっぽちのバラッド」ボブ・ディラン


20050916123515.jpg
BOB DYLAN
『NO DIRECTION HOME』
THE BOOTLEG SERIES Vol.7



2週間のご無沙汰でした。
で、また同じアルバムかよ。
……って、こればっかり聴いてたんだからしょうがねえ。
この曲は66年のライブバージョン。
こんなテンション高いディラン、初めて聴いた。
いつもどっか醒めた人なのに、これはモロに怒ってますね。
吐き捨てるように叫んどる。
「なにかがおこりつつある。が、あんたはわからないのさ、ミスター・ジョーンズ」
……ドキドキ。

スポンサーサイト
9月15日(木) 「くよくよするなよ」 ボブ・ディラン


20050916123515.jpg
BOB DYLAN
『NO DIRECTION HOME』
THE BOOTLEG SERIES Vol.7



初めて公表されたデモバージョン。
現存するなかで最高の「くよくよするなよ」。
Don’t Think Twice,It’s All Right

9月14日(水) 「ONLY ONE」矢沢永吉


yazawa.jpg
矢沢永吉
『ONLY ONE』より


当コラム初登場、日本人。矢沢永吉センパイです。
今日は永ちゃんの誕生日なんだ。
おめでとう、56歳。
新譜買ってきて即、おまけのDVDのプロモクリップ観ました。
この曲、ラジオで聴いてて「ちょいイマイチだなあ」と実は思ってたんですね。
ダチのミヤコ(DISCO20000)にも、そんなふうに言っちまったな。
でもクリップ観ながら爆音で聴くと、くるんだな、これが。
別に若いって感じもしない。まんま56歳。そこがいい。
キツイ旅だぜ、ロックンロール。
永ちゃん、どこまで行くんだい?
オレも、どこまでも行くぜ。
やっぱこの曲サイコーだよ、ミヤコ!

9月13日(火)  「ALBATROSS」PUBLIC IMAGE LTD.



PUBLIC IMAGE LTD.
『Metal Box』SECOND EDITION




明日はディランのブートレグ・シリーズの最新盤と
永ちゃんの新譜を買いに行くんだぜ。
そのために今日は、CDをごっそり売りに行ってきたんだぜ。
CD売りに行くときはいつも「CD裁判」やるんだが
おかげで久しぶりに、PIL。
買った日以来、聴くんじゃないかな。
さっぱりわからんぜ。
でもなんか気になって、やっぱ売れない。

また高校んときの話。
友達のツッパリの部屋で、聴いたなあ。
そいつは横浜銀蝿とデュラン・デュランが好きなヘンなヤツだったが
その日は、おもむろにPILを出して
「これが最新のロックばい」とボリュームを上げた(出てから3年は経ってたが)。
正直、心底さっぱりわからんかったが
「健二郎、どぉ~お?」とうれしそうに訊くので
「おお~っ、こりゃロックばい、叫びばい!!」と答えちまった。
でも、なにかを感じたのは確かなんだよなあ。

このCD買った理由は忘れちまったけど、
本日、オレが手放せない理由は、その「なにか」なんだろうな。
いつの日か、心底いいと思う日が来るのかもしれない。
その日まで持っとこ。
判決は、無罪。

9月12日(月)   『REVUE』 SQUEEZE


squeeze.jpg


SQUEEZE
「COOL FOR CATS」より

現在活動休止中なのが惜しまれるスクイーズ。 
この曲はセカンドの二曲目に入っている。 
あんまり目立たないけど、オレのなかでは名曲。 
ビートルズみたい。 
とにかく全アルバム、いいんよ。 
ちょいひねくれてるけど、実はポップでキャッチー、 
そしてロックンロール。 
11年前、渋谷のON AIRで観たとき、 
最後のアンコールで、 
ビートルズの「キャント・バイ・ミー・ラブ」をやりやがって、オレひっくり返った。 
まだ聴いたことのない人たちには 
ベスト盤でもいいからお奨めします。 
ホント、ムチャクチャいいよ。


9月10日(土)   「スピーク・ユア・マインド」 マーク・ベノ


marcb.jpg
Marc Benno
「雑魚」より




今日はコンサート(古いか?)に行ってきました。 
オリジナル・スワンパーのひとり、マーク・ベノ。 
渋谷のクアトロ。 
いや~、なごやかでした。 
スワンプ・ロックといっても、そんなに泥臭くも男臭くもなく、 
思ってたとおり、“繊細なシンガーソングライター”ちゅう感じの人でした。 
最近はぜんぜん名前を聞かないので 
ボロボロでヒゲもじゃの、浮浪者みたいなジイサンが出てきたらどうしようかと思ってましたが、 
そしてそれをちょっと期待してましたが(!?)、 
わりと小綺麗なおじさんでホッとしました。 
お客さん5人ぐらいしかいないんじゃないかと思ってたら、 
結構入ってて、それもホッとしました。 
この曲は、CDになったときにずいぶん聴いたなあ。 
たぶん、みんなもそうじゃないかな。 
今日のコンサート(古いか?)でも、もちろんこの曲を期待してました。 
しかし、待てど暮らせど、出てこない……。 
「最後に演るな」とドキドキしてたけど、 
やらんまま、あっさり終了。 
帰りにオレが口ずさみました。





9月9日(金)   「プロミス・トゥー・ユー・ガール」 ポール・マッカートニー


paul.jpg
Paul McCartney
「Chaos and Creation in the Backyard」より






子どものころ、意味もなくさびしい気持ちになったこと、ありませんか。 
家族も恋も学校も、まったく関係なく。 
オレはあるね。実は今も。 
ポールの音楽って、そこ突いてくる。 
「オレがポールを好き」っていうか、むしろ 
「ポールがオレを知ってる」って気がする。 
気のせいか。

9月8日(木)   「イングリッシュ・ティー」 ポール・マッカートニー


paul.jpg
Paul McCartney
「Chaos and Creation in the Backyard」より






この曲、ビートルズの「フォー・ノー・ワン」に似てる。 
だからって、とやかく言ってるワケじゃない。 
似てて当然、どっちもポールだもの。 
こういうの、待ってました。 
来た、来た、来た!

9月7日(水)   「ジェニー・レン」 ポール・マッカートニー


paul.jpg
Paul McCartney
「Chaos and Creation in the Backyard」より






いまどきの少年たちも言ってるんだろうか、「ビートルズとストーンズ、どっちが好き?」 
オレたちの頃はまだあったね、「ビートルズとストーンズ、どっちが好き?」 
そりゃ愚問だわ。 
答えられるわけないよな、諸君。 
どっちもむちゃくちゃ好きに決まっとる……。 
えっ、オレ? 即答、ビートルズ。ミック、ごめん。 
「ジョンとポール、どっちが好き?」ってのもあった。 
それは困る。それは答えられん。勘弁して。

 
今日はポールの新譜買ってきました。うほほ~。 
ポール、いいねぇ。カッコいいなぁ。かわいらしいなぁ。とてつもないなぁ。いいなぁ。 
いいよ。いいよ。いいよ。 
若いなぁ。じいさんだなぁ。鋭いなぁ。やわらかいなぁ。 
いいなぁ。いいなぁ。いいなぁ。 
こんなにもオレを幸せにするアナタ、何者?

9月6日(火)   「愛はすべての人に」 ジョージ・ハリスン


george.jpg
GEORGE HARRISON
「慈愛の輝き」より





相変わらず、ストーンズの「ビガー・バン」聴いてるよ。 
そして明日はポールの新譜買いに行くっす。わ~い。

 
本日はその中休みで、寝る前に、ジョージ・ハリスンで一服。 
この曲、タマらん! 
これも中学のとき自転車でシングル、買いに行ったけんね。 
今も実家にあると思う。 
ともかくイイのだ。 
メロウなんだ。 
ユルいんだ。 
脳みそ揺れるんだ。 
イントロのギターは、クラプトン。おおっ。 
そして、スティーヴ・ウィンウッド以外の何者でもないシンセがイカスね。 
でも、なによりジョージのブルーな声がイイんだ。 
この声だよ、声! 
ああ、誰かに聴かせたい。 
ジョージ・ハリスンって、こんなにイイんだよ。

 
ちなみにクラプトンが、この曲、新譜でカバーしているらしいが 
聴きたいねぇ。 
誰か貸して。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。